福祉輸送事業関係

■訪問介護指定
 訪問介護の指定には、下記の条件を満たしていることが必要です。
    1.法人であること
    2.人員要件を満たしていること
    3.設備基準を満たしていること
    4.運営基準を満たしていること
  ※施設サービスについては、株式会社・合同会社などの営利法人は参入できません。

T.設備基準
 1)事業の運営を行うために必要な面積を有する専用の事務室
   ・間仕切りをする等他の事業の用に供するものと明確に区分される場合は、他の事業と同一の事務室であっても
    差し支えない。
   ・区画されていなくとも業務に支障がないときは、指定訪問介護の事業を行うための区分が明確に特定されていれば
    可能である。
   ・事務室又は区画については、利用申込の受付、相談等に対応する適切なスペースを確保する。
    
 2)訪問介護に必要な設備及び備品
   ・特に、手指わ洗浄するための設備等感染症予防に必要な設備等に配慮する。
   ・他の事業所、施設等と同一敷地内に有る場合であって、指定訪問介護の事業又は当該他の事業所、施設等に備え
    つけられた設備及び備品等を使用することができること。
 ※事務室・設備及び備品等については、リースであっても可能です。
 
*従い、訪問介護事業所には
     事務室 +  相談室 が必要ですが、パーテーション等で区分したものでも可能。

※事務スペースは、人員基準で示すとおり 管理者・サービス提供責任者の常勤職員が必ず1名以上必要ですので
 その職員が事務をする机及びイスと、他の常勤職員が事務処理をするスペース(机及びイス)が必要です。
※相談スペースは、利用申込者の受付・利用者からの相談、ケアマネとの打合せ、職員との打合せ等のスペースと
 なりますので、4名が同時に利用するスペースが必要となります。

★以上から、事務室は約 6畳 相談室は約 3畳の広さが必要です。
★その他手洗い設備・書庫・電話・FAX・パソコン等が必要です。

U.人員基準

 1.管理者 (訪問介護事業所の責任者)
   資格要件なし   その職務に従事する常勤の者 1名
 2.サービス提供責任者(ヘルパーのまとめ役)
   介護福祉士・ヘルパー1級保有者・ヘルパー2級保持し3年以上経験・看護師又は准看護師
   訪問介護の職務に従事する常勤の者を事業規模に応じて 1名以上
 3.訪問介護員 (実際に利用者宅に訪問し、サービスを提供するヘルパー)
   介護福祉士・ヘルパー1級・2級保持者・看護師又は准看護師
   常勤換算で 2.5以上

 ★常勤換算で2.5
  通常 AM9:00〜PM6:00までの9時間営業の場合 (8時間労働+1時間休憩)
   1人  8時間労働で   1.0カウントとなります。
   従い、 2名と4時間労働のパートで   2.5カウントとなります。

V.申請書類 
   1.指定申請書
   2.指定に係る記載事項
   3.定款の写し
   4.登記事項証明書(3ヶ月以内)
   5.欠格事項に該当しない旨の誓約書
   6.土地建物の賃貸借契約書等の写し
   7.平面図
   8.建物・事務所内部の写真
   9.管理者の経歴書
  10.サービス提供責任者の経歴書
  11.サービス提供者・責任者の資格証の写し
  12.従業者の勤務体制及び勤務形態一覧表
  13.就業規則
  14.資格が必要な職種の資格証明書
  15.運営規定
  16.苦情を処理するための措置の概要
  17.申請法人の直近決算書
  18.収支予算書
  19.介護給付費算定に係る体制等に関する届出書
  20.介護給付費算定に係る体制等状況一覧表
  21.損害賠償保険証の写し
  22.契約書・重要事項説明書
  23.関係法令を遵守する旨の誓約書
  24.管理者等一覧表
  25.老人福祉法の届出

  ☆当事務所では、運送事業許可から事業開始、法令試験まで全ての内容についてご相談にお答えします。
   先ずは、ご連絡下さい。

       味園行政書士事務所  味園行政書士事務所
          大阪府泉佐野市高松西1丁目2079の2
          TEL 072−464−2793
          MAIL  info@misono-gyosei.com